IPAのデジタル人材におけるDXの基準の定義←デジタルスキル標準とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む現代において、IPA(情報処理推進機構)が提唱するデジタル人材の基準が注目を集めています。この記事では、IPAがどのような基準でデジタル人材を評価しているのか、その詳細について解説します。

ITパスポートの試験を受ける際にIPAのホームページを見たことあるよ!

IPAデジタル人材の重要性とは?

IPA(情報処理推進機構)によると、AIやIoTなどの先端技術が急速に進展する中で、企業間の競争も激化しています。このような状況で、デジタル技術を効果的に活用し、市場での競争力を高めることが求められています。このような背景から、IPAが提唱するデジタル人材の基準やDXの推進が急速に注目を集めています。

この機会に、IPAがどのようなデジタル人材を求めているのか知っておいて損はないと思います。

最新情報

IPAの最新情報として、株式会社ノースグリッドが提供するオンラインストレージ構築パッケージに脆弱性があるとして注意喚起されています。対策情報としては開発者が提示する情報をもとに、最新版へアップデートすることを推奨しています。

参考:「Proself」における XML 外部実体参照 (XXE) に関する脆弱性について(JVN#95981460) | 情報セキュリティ | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

DXとデジタル人材の関連性

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を用いて企業のビジネスを変革することを指します。このDXを推進する上で、IPAが定義するデジタル人材が非常に重要な役割を果たしています。

事例

DXに関わるデジタル人材として必要とされているのは主にデジタル技術を活用したサービスを提供するためのソフトウェアエンジニアや、データの収集から運用まで担うデータサイエンティストがあげられます。

参考:DX推進スキル標準(DSS-P)概要 | デジタル人材の育成 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ビジネスアーキテクトの存在も忘れちゃいけないくらい重要だね!

IPAの調査とデジタル人材の評価

IPAは、DXの推進にあたって企業が感じる課題を把握するために、アンケート調査やヒアリング調査を実施しています。これにより、デジタル人材の評価基準や必要なスキルが明らかにされています。

IPAのヒアリング調査のレポート見たけど、これまで担ってきた職務を当面は安定させていきたいけど、将来的には大きくキャリアチェンジしたいという回答が多いのには頷いたなあ。

デジタル人材のスキルセット

デジタル人材とは、一般的にはITスキルを持ち、ビジネスにおいてデジタル技術を活用できる人材を指します。しかし、IPAが提唱するデジタル人材の基準は、それだけではありません。

生成AI時代のDX推進に必要なリテラシーレベルとして、変化をいとわず学び続けることや、言語化の能力、対話力、仮設を立て検証する力を持つ人材を必要とするとしています。

参考:「生成AI時代のDX推進に必要な人材・スキルの考え方」 を取りまとめました (METI/経済産業省)

必要なテクニカルスキル

デジタル人材が持つべきテクニカルスキルには、プログラミング能力やデータ解析能力があります。これらのスキルは、ビジネスのデジタル化を推進する上で不可欠です。

デジタル人材を育成するために学び続けるための福利厚生がある会社も多くあるくらい、様々な企業でビジネスのデジタル化を推奨している世の中になっています。

ビジネススキルも重要

ただし、テクニカルスキルだけではなく、ビジネススキルも非常に重要です。例えば、プロジェクトマネジメント能力やコミュニケーション能力などが求められます。

IT関連職で働いてる人ほどメール文に気をつかっているみたい!

IPAのデジタル人材育成の取り組み

IPAは、デジタル人材の育成にも力を入れています。特に、DXにおける人材の不足や従来型IT人材の余剰可能性に対応するためのセミナーを開催しています。

この先、技術の変化に対応できないとどうなってしまうのかというセミナーをすることで、従来型IT人材の増加及びDXにおける人材不足の悪化やを防ぐことができます。

セミナーと研修

IPAは、デジタル人材のスキル変革について考え、行動を起こすきっかけを提供するセミナーを開催しています。これにより、多くの人が新しいスキルを習得する機会を得ています。

最新情報

最近では、長時間にわたって学生へ向けたGPUプログラミングのセミナーやフォレンジック技術等のセミナー、責任者へ向けたセミナーや中小企業の経営者へ向けたセミナーも開催していているようです。

参考:セキュリティ・ミニキャンプ2023 | デジタル人材の育成 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

資料と調査

IPAは、デジタル人材の動向やスキルに関する調査結果を公開しています。これにより、企業や個人が自らのスキルセットを見直すきっかけを提供しています。

調査結果をもとに主要な問題が一枚図で報告されるので、理解がしやすく、報告書を読みながら自分を見つめ直すこともできました。

忙しい社会人にとっての学ぶ時間の確保は難しくて、調査結果に共感できたよ!

ipa デジタル 人材の未来

デジタル技術の進展は止まらないため、IPAが提唱するデジタル人材の基準も進化し続けるでしょう。今後もIPAの取り組みに注目して、自らのスキルセットを高めていくことが重要です。

最新情報

直近では急速に普及する生成AIは各企業におけるDXの進展を加速すると考えられ、生成AI利用において求められるマインド・スタンスやDXリテラシー標準が主に2023年8月に改訂されています。

参考:デジタルスキル標準 Ver.1.1 (ipa.go.jp)

未来のスキルセット

今後も新しい技術が登場する中で、デジタル人材が持つべきスキルセットも変わっていくでしょう。そのため、常に最新の情報をキャッチし、スキルを更新していく必要があります。

IPAの役割と期待←IPAデジタル人材は今後の日本で必要不可欠

IPAが提唱するデジタル人材の基準は、今後も多くの企業や個人に影響を与えるでしょう。そのため、IPAの今後の取り組みとその成果に期待が寄せられています。

11個のプロジェクトの取り組みがあげれている中、約10ヵ年分のデジタルライフライン全国総合設備計画や地上・空中・水中の4次元空間情報を効率的に利用できる基盤のありかた等を検討する空間情報プロジェクトが魅力的です。安全な生活をするためにガバナンス面のプロジェクトにも期待を向けています。

参考:プロジェクトの取り組み | 社会・産業のデジタル変革 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構


以上が、IPAのデジタル人材におけるDXの基準の定義についての解説です。この基準に従い、自らのスキルセットを高めていくことで、デジタル時代においても競争力を保つことができるでしょう。

IPAがヒアリング結果を報告してくれるのは一般の人がデジタル人材について理解を深める材料になるね!とても興味深いことばかりだったよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です